人気の洋楽アーティストをジャンル別にオススメ!

このページでは、洋楽を聞いてみたいけれど何から入っていいのか分からないという方のために、ポピュラーなジャンル別に近年特に人気のある洋楽アーティストを管理人がオススメしちゃいます!オススメするアーティストは全て世界を代表するような人気アーティストですので、まず聞いて損したということはないでしょう。各アーティストはそれぞれのページで人気のアルバム・シングルランキングを見ることができますので、気になったアーティストは要チェック!

ポップのオススメ洋楽アーティスト

Pop(ポップ)の洋楽アーティストをオススメします。最もポピュラーであるこのジャンルは世界的に人気のあるアーティストが非常に多くオススメに困りますが、無難に超人気アーティストを紹介していきます。さすがにこれは知っているという方もいると思いますが要チェック!

Adele - アデル

既に知っている方もいると多いと思います。今世界で最も売れているポップシンガーのアデルですが、ポップと言っても最近流行のダンスポップやシンセポップ系のアーティストではなく、R&Bやソウルなどのテイストを交えた少し大人なポップを聞かせてくれます。もちろん歌唱力も素晴らしく、バラードは聴き応え充分です。

Ed Sheeran - エド・シーラン

最近世界中で絶大な人気を誇るのがこのエド・シーラン。ニューアルバム『÷』も非常に好調で、これに収録されている楽曲『Shape of You』はかなり多くの人が耳にしたことがあるのではないでしょうか?特徴はアコースティック・ギターを随所に用いたフォークとポップの融合サウンドで、これに軽快かつキャッチーなメロディを載せることで世界的な人気を博しました。

Rihanna - リアーナ

この人も超人気洋楽アーティストです。バルバドス出身の女性シンガーで、ポップを土台にR&Bやレゲエ、ヒップホップなどのジャンルを織り交ぜたサウンドを聴かせてくれます。シャープながら非常に力強い歌声が特徴で、アメリカはもちろんイギリスやフランスなどでも非常に人気があります。

P!nk - ピンク

個人的に結構好きなアーティストなんですが、とてもパワフルな歌声と男気溢れる歌詞が魅力的な女性シンガーです。2000年リリースの『Can't Take Me Home』でデビューしてからその人気は衰えを知らぬどころか益々人気絶頂・絶好調といった感じです。ややロック掛かった力強いポップが好きな方にオススメ!

Maroon 5 - マルーン5

こちらも超人気アメリカのポップ・バンド。2003年リリースの『Songs About Jane』が最大のヒットアルバムですが、現在もその人気は若者を中心に衰えません。特徴はやはりボーカルであるアダム・レヴィーンの色っぽい歌声とR&Bやファンクがかったノリのいいセクシーサウンドです。とにかくオススメ!

Shakira - シャキーラ

シャキーラは日本ではそれほど人気がありませんが、世界的には超有名アーティストであり、特にフランスやドイツ、スペインなどヨーロッパで高い人気を誇ります。特徴はラテン・ポップと言われるラテン系のポップサウンドと彼女の美しく情熱的な歌声でしょうか。コロンビア生まれということもありスペイン語でも歌ったりしています。

ロックのオススメ洋楽アーティスト

Rock(ロック)の洋楽アーティストをオススメします。ロックも非常にポピュラーなジャンルであり、一口にロックと言っても普通はパンクやメタル等も含まれるのですが、ここでは主にオルタナティブ・ロック系の人気アーティストをオススメしてみたいと思います。

Coldplay - コールドプレイ

イギリスのロックバンド、コールドプレイは今全世界で最も人気のあるロックバンドと言っても過言ではないほどの人気ぶりです。デビューアルバムである『パラシューツ』で既に世界的な成功を収めますが、その後も人気は衰えずパワフルに活動を続けます。現在ではポップやエレクトロニックなサウンド要素が強まっており、いわゆるロックバンドという感じではありませんがその独特の世界観は健在。

Imagine Dragons - イマジン・ドラゴンズ

アメリカのオルタナティブロック・バンドであるイマジン・ドラゴンズは、デビューアルバム『Night Visions』が最高ビルボード2位に食い込み、イギリスをはじめとするヨーロッパでも大きな成功を収めるという華々しいデビューを果たした超人気ロックバンドです。非常に親しみのあるポップなメロディと柔らかく聞き心地よいバンドサウンドが特徴です。

Red Hot Chili Peppers - レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

レッチリと呼ばれるアメリカのロックバンドです。こちらも世界的に見て非常に人気の高く、また長生きバンドの一つです。結成は1983年ですから現在まで35年以上に渡って活動を続け、しかも絶大な人気を維持しているというモンスターバンドです。特徴は何と言ってもグルーブ感溢れるファンキーなサウンドとボーカルであるアンソニーの歯切れの良いラップ調のボーカルでしょうか。オススメ!

Arctic Monkeys - アークティック・モンキーズ

イギリスで2002年に結成されたアークティック・モンキーズは、軽快かつ歯切れの良いガレージロック・サウンドを取り入れた『Whatever People Say I Am, That's What I'm Not』で衝撃的なデビューを果たします。その後2015年にリリースされた『AM』はアメリカでも大きく注目され正に世界的なロックバンドへと成長しました。

George Ezra - ジョージ・エズラ

ジョージ・エズラはイギリスの男性シンガーソングライターです。ジャンルはフォークロックやアメリカーナといったフォーク/カントリー色の強いアーティストですが、ロックの要素も充分に備えています。特徴はやはりカントリーの牧歌的かつ素朴な雰囲気と楽しげなメロディ、そして彼の野太く艶のある歌声でしょうか。彼の歌声がエルヴィス・プレスリーを思い起こさせるのは私だけでしょうか。

HR/HMのオススメ洋楽アーティスト

HR/HM(ヘヴィメタル/ハードロック)の洋楽アーティストをオススメします。個人的にメタルは大好きなので色々とオススメしたいのですが、ここでは洋楽初心者向けということで超有名なHR/HM系のアーティストを紹介していきます。

Metallica - メタリカ

メタルと言えばやっぱり真っ先に頭に上るのがこのメタリカです。日本ではスラッシュメタル四天王の一つと言われ、このジャンルの先駆者とも言われます。結成は1981年であり現在まで30年以上も第一線で活躍するモンスターバンド。力強いヘヴィネスサウンドと突き抜けるようなスピード感が特徴です。ちなみにこのメタリカにメガデスのリードボーカルであるデイヴ・ムステインが過去在籍していました。

AC/DC - エーシーディーシー

オーストラリア出身の超ゴキゲンバンド。ロックンロール/ハードロックを基盤とし、アンガス・ヤングとマルコム・ヤング の兄弟によるギターが雷のように轟き閃く最高にカッコいいバンドです。その人気は世界中に及び、世界中の人々を熱狂の渦に巻き込んできました。2017年にマルコムが死亡し、今後の展開が注目されます。

Five Finger Death Punch - ファイヴ・フィンガー・デス・パンチ

日本ではあまり知名度が高くないこのバンドですが、アメリカでは根強い人気を誇る迫力満点のバンドです。この強そうなバンド名はカンフー映画である『Five Fingers of Death』から考えられたものだそうです。サウンドの特徴はグルーヴ・メタルとも言われるグルーブ感溢れる分厚いサウンドとパワー漲るアイヴァン・ムーディーのボーカルです。

Bring Me the Horizon - ブリング・ミー・ザ・ホライズン

BMTHとして知られる超人気バンドです。初期はデスコアというデスヴォイスと狂ったようなヘヴィサウンドという激しい音楽性をもっていましたが、最近はオルタナティブ・ロック色が強くなってきています。アメリカ・イギリス・オーストラリアなどで特に人気が高く、ボーカルであるオリヴァー・サイクスのカリスマ性にも注目が集まります。

Bullet for My Valentine - ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン

ウェールズ出身のこれまた超人気メタルバンドです。1998年に結成されこれまでに世界中の多くのメタルファンを魅了してきました。サウンドはメタルコア色ありながらも聞かせるメロディ、そして美しくテクニカルなギターソロや聞いていてワクワクするような展開でしょうか。非常にカッコよくオススメです。

パンクのオススメ洋楽アーティスト

Punk(パンクロック)の洋楽アーティストをオススメします。ラモーンズやセックスピストルズに代表されるパンク系のアーティストやバンドは反骨精神が旺盛で威勢がいいのが特徴です。ここでも世界的に超有名なパンクバンドをオススメしていきたいと思います。

Green Day - グリーン・デイ

パンクロックの騎手として現在世界的に最も有名なのがこのグリーン・デイだと思います。日本でもかなりの人気があり、知っている方も多いのではないでしょうか?パンクバンドには多いスリーピースバンドで、1990年リリースのアルバム『39/スムーズ』からどんどんと売上げを伸ばし2004年リリースの『American Idiot』は世界中で1600万枚以上の売上げを記録。力強いサウンドと繊細なメロディを兼ね備えたところも人気の秘密です。

Blink-182 - ブリンク 182

アメリカ出身のスリーピース・バンドで、ポップパンクというジャンルを代表する超人気バンドです。1992年から活動を開始しており、メンバーの入れ替えや活動休止を経ながらも現在までトップの地位を走り続けています。ポップパンクに代表される耳馴染みの良いメロディと、スケートパンクに代表される疾走感溢れるサウンドの融合がもの凄くカッコいいバンドです。オススメ!

Fall Out Boy - フォール・アウト・ボーイ

アメリカはイリノイ州出身のポップパンク/エモ系のバンドです。最近はややパンクを離れた音楽性を発揮していますが、やはりポップパンクを代表する超人気バンドということでオススメしておきます。例えば超人気曲『Dance, Dance』では超パワフルなギターサウンドと彼らの特徴であるエモいメロディの融合がいかんなく発揮されていて最高です。

Rancid - ランシド

個人的に大好きなバンドの一つなのですが、アメリカのパンクロック・バンドです。見た目はゴリゴリのパンクロッカーといった出で立ちをしており、スタイルも硬派。1991年から現在までそのエネルギーは衰えるどころか、ますます先鋭的なパワーを放っております。特徴はスカの影響を受けた音楽性(スカ・パンク)で、これが彼らの音楽を引き立てる隠し味となっています。

Simple Plan - シンプル・プラン

カナダのモントリオール出身のポップパンク・バンドです。元気いっぱいのサウンドと美メロが特徴のバンドで、2004年リリースの『Still Not Gettin' Any』ではビルボード200で最高3位という大ヒットを記録しました。音楽好きの方にはちょっと古いと思われるかもしれませんが、現在も活動しており良いバンドなのでオススメです!

ヒップホップのオススメ洋楽アーティスト

HipHop(ヒップホップ)の洋楽アーティストをオススメします。ここでは世界で最もヒップホップが盛んな国、アメリカを中心に超人気洋楽アーティストを紹介していきます。

Eminem - エミネム

もう説明不要といった感じの超有名アーティスト、エミネムです。2000年代に世界で最も売れたアーティストと言われ、ラッパーとしてだけではなく音楽プロデューサーとしても活躍。日本では映画『8 Mile』でエミネムをよく知ったという方も多いのではないでしょうか。とにかくカッコよく、その人気は今も健在です。

Drake - ドレイク

現在最も勢いに乗っているラッパーがこのドレイクです。カナダ出身で2001年頃から活動を開始しており、2010年リリースのメジャーデビューアルバム『Thank Me Later』で飛躍。特徴はR&Bシンガーとしてのしなやかな歌声とラッパーとしてのキレ味鋭いフロウを併せ持っており音楽性に幅と深い魅力があることでしょうか。R&B好きの方にもオススメです!

Kendrick Lamar - ケンドリック・ラマー

アメリカはカリフォルニア州出身のラッパーで2003年頃から活動しています。特に注目されたのは2012年リリースの『good kid, m.A.A.d city』ですが、それよりも私の印象に残ったのは次作『To Pimp A Butterfly』でした。R&Bやジャズの要素が鏤められた非常にバラエティに飛んだトラックの上で自由に踊り回るような斬新なラップが印象的な良作です。非常にオススメ!

Iggy Azalea - イギー・アゼリア

イギーはオーストラリア出身ですが16歳の頃からアメリカに移り住み、2011年からラッパーとして活動しています。デビュー後は『Black Widow』や『Fancy』の大ヒットで一躍トップアーティストへと昇り詰め、同じく女性ラッパーであるニッキー・ミナージュと共に世界的に注目される存在です。

Nas - ナズ

アメリカ出身のナズは、ドラッグや政治的なもの等様々なテーマを文学的で深みのあるリリックでラップする人気ラッパー。声も少ししゃがれてる感じがクールでかっこいいです。デビューアルバムは1994年リリースの『Illmatic』ですが、これが評論家をはじめ非常に評価の高い作品で伝説のようになっています。とにかく聞いてみることをオススメします。

XXXTentacion - エクスエクスエクステンタシオン

最近ヒップホップ界を非常に賑わした超人気ラッパーですが、2018年6月18日に20歳という若さで銃殺されこの世を去りました。聞いてみると分かりますが、かなりぶっ飛んでいて、ヒップホップというよりはロックミュージックに近い曲もあります。グランジラップと評されるように、そこはかと漂う陰鬱さと突如あらわれる破壊性に圧倒されるでしょう。

EDMのオススメ洋楽アーティスト

EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の洋楽アーティストをオススメします。日本でも大人気のEDMですが、ここでも世界的に超人気のDJやエレクトロニック・グループをオススメしていきます。

Calvin Harris - カルヴィン・ハリス

現在最も世界的に売れているDJがこのカルヴィン・ハリス。スコットランド出身でエレクトロ・ハウスやエレクトロポップ、ダンス・ポップ系の音楽を得意とします。リアーナやエリー・ゴールディングなどとコラボした2012年リリースのアルバム『18 Months』は特に注目され世界中のEDMファンを熱狂させました。特にメロディがキャッチーでポップ系のEDMが好きな方にオススメです!

Avicii - アヴィーチー

日本でもよく知られているアヴィーチーはスウェーデン出身のDJ。上記のカルヴィン・ハリスと比べるとややポップ感は控えめに、クールかつプログレッシブで渇いた音使いが際立っています。アコースティックギターを前面に出したフォーク調の楽曲を巧みにアレンジするなど独特のセンスに世界は度肝を抜かれました。2018年4月に早すぎる死を迎えてしまったことは非常に惜しかったです。

David Guetta - デヴィッド・ゲッタ

日本でも大人気のDJ、デヴィッド・ゲッタはダフト・パンクなどを生んだEDM先進国であるフランスの出身です。パリで10代の頃からDJとして活動を初め、徐々に人気を集めます。その後ハウス・ミュージックを基本に様々なアーティストとコラボした『Nothing But The Beat』は世界中で大ヒットし、一躍デヴィッド・ゲッタの名を世界に知らしめました。こちらも全体的にポップ感強めです。

Major Lazer - メジャー・レイザー

メジャー・レイザーはDJや音楽プロデューサー3人で構成されるグループです。特徴は何と言ってもレゲエやダンスホール、ソカなどジャマイカンなテイストをふんだんに取り入れた音楽性です。特に大ヒットしたのは2015年リリースの『Lean On』で、その怪しげだが中毒性の高いサウンドに世界中の人々は虜になりました。日本ではそれほど人気が高くないようですが、とにかくカッコいいのでオススメ!

Martin Garrix - マーティン・ギャリックス

若き新鋭、マーティン・ギャリックスはオランダ出身のDJ。『DJ MAG TOP 100 DJs』というランキングで1位を獲得するなど世界的に注目される超人気DJです。代表曲は2013年リリースの『Animals』で、こちらは世界20カ国以上でトップ50入りを果たしています。オススメなのでまずは聴いてみてください!

R&Bのオススメ洋楽アーティスト

R&B(アール・アンド・ビー)の洋楽アーティストをオススメします。R&Bやソウルミュージックは日本でも人気がありますが、世界に目を向けると沢山の素晴らしいシンガーやバンドがいます。ここでは特に世界的に人気のR&B系アーティストに絞ってお伝えしていきます。

The Weeknd - ザ・ウィークエンド

ザ・ウィークエンドはカナダ・トロント出身のR&Bシンガー。2011年のデビュー直後から大きく注目され、翌年2012年リリースの『Trilogy』は世界中で売れ一躍トップの座に昇り詰めます。様々な音楽要素を取り入れたオルタナティブR&Bというジャンルを主とし、ややダークですが非常に艶と伸びのある美しい歌声が闇を切り裂くように響き渡ります。聴けば聴くほど味わい深いアーティストです。

Beyoncé - ビヨンセ

世界的に極めて人気の高い女性R&Bシンガーであるビヨンセはアメリカ・テキサス州ヒューストンに生まれ、そのキャリアの開始は超人気R&Bグループ『デスティニーズ・チャイルド』でした。その後ソロアーティストとして益々飛躍し今に至ります。地響きが起こりそうな声量と抜群の歌唱力そして類い希なる美貌で世界中を魅了し続けるディーヴァです。

Justin Timberlake - ジャスティン・ティンバーレイク

アメリカ出身のジャスティン・ティンバーレイクは90年代に人気を博した『ン・シンク』というポップグループで人気となり、その後ソロアーティストとしても大成功したポップ/R&Bシンガーです。特に2006年リリースの『FutureSex / LoveSounds』は世界10カ国以上でトップ10入りを果たす大ヒットを記録しました。

Amy Winehouse - エイミー・ワインハウス

イングランド・ロンドン出身の女性ソウル・シンガーです。惜しくも2011年に27歳という若さで亡くなってしまいましたが、彼女の素晴らしい音楽は今も生き続けています。日本ではそれほど知名度が高くありませんが、2006年にリリースされた『Back To Black』というアルバムは世界15カ国以上で1位を獲得するという驚異的な人気を誇ります。少しジャジーなアレンジと独特の嗄れ声が抜群の相性です。是非一聴して欲しいアーティストの一人でオススメ!

Usher - アッシャー

日本でもお馴染みのR&Bシンガー、アッシャーはアメリカ出身で世界で最も売れたR&Bシンガーとも言えるでしょう。1990年代初期から活動を開始し、『DJ Got Us Fallin' In Love』や『Love In This Club』などこれまでに数々の大ヒットを飛ばしてきました。特にしっとりとしたバラード調の曲で彼の美しい歌声が際立ちます。

Folk/Countryのオススメ洋楽アーティスト

Folk/Country(フォーク/カントリー)の洋楽アーティストをオススメします。ここではフォークとカントリー系のシンガーやバンドを同時にオススメしたいと思います。カントリーミュージックは日本ではあまり馴染みがありませんが、特にアメリカでは非常に人気のあるジャンルであり、世界的な人気アーティストもいます。

Taylor Swift - テイラー・スウィフト

日本でも有名なテイラー・スウィフトはアメリカ出身のシンガーソングライターです。現在はポップ色が非常に強くポップ歌手として有名ですが、元々はカントリー・ミュージック出身の歌手です。古いアルバムから順に聴き比べてみると徐々にポップ色が強まってくるのが分かりますので是非色々と試してみてください。

Mumford & Sons - マムフォード&サンズ

イングランド出身のマムフォード&サンズは2007年から活動しているフォークロック・バンドです。デビューアルバムは2009年の『Sigh No More』ですが、これがアメリカとイギリスを中心に世界中で大ヒットしました。人気の秘密は文学に影響を受けたロマンチックな歌詞とフォーク・サウンドを土台に繰り出される耳馴染みが良く心地よいメロディでしょうか。オススメ!

Passenger - パッセンジャー

本名をマイケル・デヴィッド・ローゼンバーグというイングランド出身のシンガーソングライター。パッセンジャーは元々はバンド名だったそうですが、バンドが解散して一人になったようです。とても優しく温かい感じのする柔らみのある歌声が魅力的なフォーク歌手で、2012年リリースの『All the Little Lights』は世界中で大ヒットしました。癒し系の音楽が好きな方に是非オススメ!

Florida Georgia Line - フロリダ・ジョージア・ライン

アメリカはテネシー州・ナッシュビル出身のカントリー・ミュージック・デュオです。日本ではあまり人気がないようですが、アメリカでは絶大な人気を誇ります。ジャンルはカントリ-・ポップという非常にポップ色の強いサウンドですので、カントリーに馴染みがなくても耳にスッと入ってくるキャッチーさがありオススメ!

Lady Antebellum - レディ・アンテベラム

こちらもアメリカはテネシー州・ナッシュビル出身のカントリー・ミュージック・グループです。2006年の活動開始からその人気は衰えることなく多くのファンに愛され続けています。特徴は女性+男性のツインボーカルでこれがサウンドに広がりと深みを与えています。こちらもカントリーポップでとても聞きやすいので初めての方にもオススメです!

いかがでしたでしょうか?管理人の視点でジャンル別に人気アーティストをオススメしてみましたが、特に人気のある一部のアーティストに絞りましたので、物足りなかったかもしれません。当サイト内では、ジャンル別に様々なアーティストをランキング形式で紹介していますので、是非色々と探し回ってみることをオススメします。きっとまだあなたが知らない洋楽アーティストに出会えるでしょう。

トップページ人気洋楽オススメ